スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お気に入りの絵本 いいこってどんなこ?
2012年11月21日 (水) | 編集 |

いいこってどんなこ?




今日のおすすめ絵本は「いいこってどんなこ?」
うさぎのおかあさんと子どもがお話をしつつ、いいこってどんなこなのか
考えていく本です。

「いい子になってほしい・・・」
親である私たちは子どもにそう願い、子どもは親の期待に沿いたい気持ちから
自分なりに考えた「いい子」になろうとすると思います。

でも、「いい子」って・・・どんな子なんでしょう??
親も、子どももそう聞かれると定義に悩むのではないでしょうか??

そんな時に出会ったこの本。
「いいこってどんなこ?」

どんな子でも、どんな時でも、この子がこの子でいること。
大好きだとただ伝えること。

それが親にとっても子にとっても幸せなことなのだと、
この「いいこってどんなこ?」の絵本を読んで考えさせられました。

2012年11月25日、テレビ朝日「世界が愛した絵本」日曜午後17時25分~
放送されるそうです。



読み終わった後の、子どものホッとしたような、はにかんだ笑顔。
思わず子どもを抱きしめたくなる本です!
スポンサーサイト
世界が愛した絵本 2010/5/15 おおきくなるっていうことは
2010年10月09日 (土) | 編集 |
おおきくなるっていうことは






わたしは、中川ひろたかさんの本がとても好きです。
さつまのおいも、えんそくバスなど・・・名作が沢山。
子どもたちにも沢山読んでいますが、この「おおきくなるっていうことは」は
ちょうど長男に読んであげたばかりのときにテレビ絵本で放送され、
「あーっ!これ読んだねー!!」と2人で喜んだ記憶があります。

もう大きくなったんだから・・・と言われることが多い子ども。
でも、大きくなるって、具体的に良くわからない。
そんなときに○○ちゃんもこうだよね、って一緒に確認できるような
優しい本だと思います。

親子で確認しながら、是非読んでみてくださいね。

おおきくなるっていうことは
世界が愛した絵本  2010/ 5/ 1 100万回生きたねこ
2010年10月09日 (土) | 編集 |
100万回生きたねこ




5月から始まったこの番組。休日の夜、ちょっとほっとする番組で、気に入ってます。

私は小さい頃とても本が好きで、暇さえあれば本を読んでいる子でした。
この「100万回生きたねこ」も、小さい頃に読んだ記憶がありましたが、
大人になってから実習先の幼稚園で見つけ、
久しぶりに家で下読みしてみたところ・・・涙。
子ども向けの猫のお話だ・・・と侮るなかれ。愛のある内容で、ラストが素敵です。
子どもにも大人にも、親子で是非読んでもらいたいです。

今はインターネットも普及し、本屋もどんどんつぶれてしまっている時代ですが、
やはり本でしか味わえない良さがあります。
子どもたちにも沢山本を読んでもらって、心を豊かにしてもらいたいなと思っています。

100万回生きたねこ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。